ビーチコムスタイル&ジャンクスタイル  インテリア、ガーデンファーニチャーのお店
ホームジャンクスタイル・ビーチコムスタイルって?
   当店はジャンクスタイル、ビーチコムスタイルをコンセプトにしております。


   アンティーク、ヴィンテージ、ラビッシュ、ジャンク、ユーズド感、エイジング加工、ダメージ加工、
   シャビー、クラック加工、ラスティック、レトロ、クラシック、ブロカント、ジャンクスタイル、ビーチ
   コムスタイル等々・・・衣料や家具、雑貨などの商品の説明で使われているのを見かけます。
   ここのサイトでもいくつかの言葉を使ってますが、簡単に短めに書いてみたいと思います。

   アンティーク・・・製造後100年を経過したもの
   ヴィンテージ・・・古い型、古くて値打ちがあるもの
   ラビッシュ・・・・・がらくた、ごみ
   ジャンク・・・・・・がらくた、廃品
   ユーズド・・・・・・使い古したもの
   エイジング・・・・年をとる、熟成する、古びさせること
   ダメージ・・・・・・損害、損傷、傷つけられる
   シャビー・・・・・・使い古した、みすぼらしい
   クラック・・・・・・・ひび割れ
   ラスティック・・・・素朴な、飾り気のない
   レトロ・・・・・・・・懐古趣味、昔を思い出して懐かしく思うこと
   クラシック・・・・・格式のある、古い時代に生まれ現在までその価値を認められてきた物
   ブロカント(フランス語)・・・・・・アンティークほど古くない物、古道具

   この中で明確に定義づけされてるのはアンティークだけで、世界貿易機構(WTO)も採用して
   おり、製造後100年に至らない物をヴィンテージ、ジャンク、ラビッシュ、ユーズドなど様々な
   言葉で呼ばれています。

   【ジャンクスタイル】
   ジャンクスタイルとは、もともとは前の世代の人たちが捨てていった物を使って、新しいインテ
   リアを作るという、イギリスのスタイリストが90年代の終わりに提唱しはじめたインテリア様式
   の一つです。
   過去の物をそのまま現役復帰させて、今ある物と一緒に使ったり、壊れている部分を直したり、
   ほんの少し手を加えて新たに命を吹き込むといった感じです。
   
   使い古された物の外観だけを意味するのでなく、物を大切にし、愛着をもって、使い古された物
   を暮らしに取り入れるライフスタイルと解釈しています。

   【ビーチコムスタイル】
   では、ビーチコムスタイルとは、流木や貝殻など自然からの様々な贈り物、だけでなく、ガラスの
   浮き玉やビーチグラスなど人工的に作られた物も含めて、そのままインテリアとして使ったり、
   壁飾りや花台など様々な新しい形にして、インテリアに取り入れるというインテリア様式の一つ
   です。
   物を大切にするというのはジャンクスタイルと同様で、かつ自然や環境と向き合い、うまく付き合
   っていこうというライフスタイルをいいます。

   とまあ、もっともらしい事を書きましたが、ビーチコムスタイルとは私の造語です。
   ビーチコーミング、ビーチコーマー、ビーチコムからの造語です。

   

   このショップの壁飾りやモビールなどを見て「自分でも作ってみよう!」「子供の夏休みの工作に
   作ってみよう!」「材料集めに海か川に行ってみよう!」「今までとは違う目線で海を見てみよう!」
   など子供達や多くの人の何かのきっかけになればいいなと思います!

   ここでの注文も是非してくださいね!





  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス